CAT'S EYE(猫の視点)

それは全身全霊の空間

e0089531_20233071.jpg


















その日は朝の5時起きで、会社の大掃除で一日中肉体労働だったから、
会場に着いた20時過ぎには、体はとっくに限界にきているはずだった。
それでも踊らずにいられなかった。音を全身に満たしながら。

今年で閉店になるヴェルファーレでの最後の公演。
今回は、BODY&SOULでも、まちがいなく特別な日だった。
世界のトップに立つ3人のDJ、ダニー、ジョー、フランソワの
本気度が桁違いだったのだ。

e0089531_2024984.jpg



















頭ではなく、身体で聞くこと、魂を開放すること、
そして肉体と魂の境界を溶かして、空間と一つになること、
それがBODY&SOUL。

ここでは、音楽のもとに全ての人が兄弟姉妹となる。
音が震わす空間から降りてきた音楽の神が、みんなを一つにする。
そして、一人一人の魂が空間となり、融合し、至福の時を創り出す。

踊りながら私は、この街を、海を、空を、大地を感じていた。
空を駆けることもできたし、海に潜ることだってできた。

e0089531_20252272.jpg

e0089531_20253985.jpg


















初対面のひとたちとだって、すぐに仲良くなった。
住んでる場所も、世代も、国籍もちがうかもしれないけど、
この空間を、音を愛しているから、気持ちは一つなんだ。

そして、周りを見ると、至福の表情で踊る仲間たちがいた。
会ったみんなとハグをして、キスをして、笑いあった。
いつだって、どこでだって、ときどきしか会わなくても、
私たちはいつも一緒にいるんだ。
年をとったって、天国に行ったって、きっとそうでしょ?

e0089531_20244778.jpg

e0089531_2025689.jpg


















ヴァイブのグルーヴが渦をつくった、龍神が空を舞うように。
プリミティブなパーカッションのテンションが、限界を超えた。
歌い、獣のように叫びながら、私たちは踊った。

そして、意識は空白となった。
肉体も、魂すらも、そこにはなく、ただ愛と至福があった。

数時間にわたるアンコール、
MCの直後にかかった「Stay This Way」はメッセージだった。

みんな大好きだから、
心から愛しているから、
ここに、一緒にいて欲しいんだ

涙があふれてきた。
みんなの手を握り、爆音の中、声はほとんど聞き取れなかったけど、
言っていることは、お互いに、みんなわかっていたはずだ。
「いてくれて、ありがとう」「出会ってくれて、ありがとう」

ダニー、ジョー、フランソワ、3人のDJやオーガナイザーにはもちろん、
クルーや会場のスタッフ、エンターテインしてくれたダンサーたち、
あの空間を共有した仲間たち、会場で出会った全ての人に、ありがとう!!
今度は野外らしいけど、また5月、あのDJブースの前で!

心からの愛とリスペクトを込めて。
[PR]
by mikeneko301 | 2006-12-28 20:39 | 本・音楽・アートなど
<< マンホールにも緑地 Santana中毒 >>



日々の雑感や妄想とか。