CAT'S EYE(猫の視点)

Christophe Goze


e0089531_20335199.jpg





























Christophe Goze はフランスのギタリストで、ジャンルで言うと
フュージョン×エレクトロニカ×トライバルといったところ。
でもHIP HOPとジャズを組み合わせたり、色々と実験的なサウンド
造りをしていることもあて、なかなか区分分けが難しいアーティスト
ですが、私が一番好きなアーティストでもあります。

初めて聴いたのは、2003年のミラノコレクションの音源を聴いて
いたとき。シタールとギターの絡みとパーカッションがあまりに
格好良くて一発でとりこになってしまったのでした。

その曲がこれ。「Mañana」



以来、時々イベントでDJするときは必ずと言っていいほどかけています。
そして問い合わせ率も高い(笑)。すごくいいのに国内で知られていない
アーティストって多いです。だからこそ、探したりコアな音楽好きと
情報交換をする楽しみもあるのだけど。

Christophe Gozeは、BAR DE LUNEというUKのレーベルから何枚か
アルバムを出しています。このレーベルはワールドミュージックと
エレクトロニカを融合させたchill系のサウンドをたくさん出しているので、
そういう系統が好きな人には特にお勧めです。
[PR]
by mikeneko301 | 2010-06-02 20:36 | 本・音楽・アートなど
<< memorandum 象形文字と狼の夢 >>



日々の雑感や妄想とか。